2007年05月09日

白髪の対策(総まとめ)

白髪対策について考える際、まずはなぜ白髪になるのかを知る必要があります。
髪の毛が黒いのは、色素細胞(メラノサイト)がメラニン色素を作っているからです。この色素細胞が働くなり、メラニン色素が作られないと白髪になります。

また、色素細胞は抜け毛とともに無くなります。新しく毛が生えるときに色素細胞も生成されれば良いのですが、されなければ白髪になります。

以上のことから、白髪対策は色素細胞をいかに居させ、働かせるか、ということになります。

スポンサード リンク


なぜ色素細胞が働くなり、あるいは生成されなくなり白髪になるのか。
さらにその原因を探らないと具体的な白髪対策になりません。
その原因は次のとおりです。

白髪の原因1「遺伝」
 どの程度、白髪と影響があるか定かではありません。よって、この原因への直接的白髪対策は・・・思いつきません。

白髪の原因2「老化」
 体が弱るように、色素細胞やこれに関わる細胞も弱るためです。

白髪の原因3「生活環境」
 食生活、清潔さ、生活の不規則さなど、一般的に体に影響の悪いものは色素細胞にもよくありません。この場合の白髪対策は明快です。

白髪の原因4「病気」
 慢性の胃腸疾患、甲状腺疾患、貧血症・・・などで白髪が増留場合がある。この場合の白髪対策は病気からの回復に他ならない。

白髪の原因5「ストレス」
 ストレスにより体の機能が正常に働かなくなるように、色素細胞も同様の影響を受ける。白髪対策はストレス解消だろうが・・・。


スポンサード リンク
白髪対策は色素細胞を健康でいさせることであり、頭皮、毛髪が健康であることが要求されます。この部分に焦点を絞った白髪対策ということで、「栄養素」に着目します。

色素細胞を活発にするために必要なのはカルシウムや銅。
また、毛髪で言えば、アミノ酸が必要で、これを助ける亜鉛とビタミンB6も必要です。


白髪対策の食事編となってきましたが、カルシウムは牛乳、小魚、銅はスルメ、レバー、タコ、イカの刺身から摂取できます。
アミノ酸と亜鉛はイワシ、亜鉛はウナギ、ビタミンB6は牛肉のレバー、大豆などです。

「髪は夜作られる」というCMがありましたが、白髪対策には十分な睡眠も必要です。


また、見た目で白髪をなくすという意味での対策は、
ヘアースタイルの工夫や、白髪染めというものが一般的ですが、ここでは「白髪そのものを生えなくする」ための白髪対策なので、割愛します。

最後に、白髪を抜くという対策は、頭皮にもNG、白髪が無くなるわけではないので止めるようが無難。やるなら白髪の根本に近いところで切る位でしょう。

ラベル:対策 白髪
posted by 白髪 対策 at 22:46| 白髪 対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。